アインシュタイン

アインシュタイン

天才とは努力する凡才のことである。

 

知的な馬鹿は、物事を複雑にする傾向があります。それとは反対の方向に進むためには、少しの才能と多くの勇気が必要です。

 

異性に心を奪われることは、大きな喜びであり、必要不可欠なことです。しかし、それが人生の中心事になってはいけません。もしそうなったら、人は道を見失ってしまうでしょう。

 

自分自身のことについて誠実でない人間は、他人から重んじられる資格はない。

 

蝶はモグラではない。でも、そのことを残念がる蝶はいないだろう。

 

一見して馬鹿げていないアイデアは、見込みがない。

 

大切なのは、疑問を持ち続けることだ。神聖な好奇心を失ってはならない。

 

普通と言われる人生を送る人間なんて、一人としていやしない。いたらお目にかかりたいものだ。

 

私は、それほど賢くはありません。ただ、人より長く一つのことと付き合ってきただけなのです。

 

常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。

 

成功者になろうとするのではなく、むしろ価値のある人間になろうとしなさい。

 

同じことを繰り返しながら、違う結果を望むこと、それを狂気という。

 

無限なものは二つあります。宇宙と人間の愚かさ。前者については断言できませんが。

 

優れた科学者を生み出すのは知性だと人は言う。彼らは間違っている。それは人格である。

 

この諺には、真実がある。人に対して正しく賢明な助言をすることはできる。しかし、自分が正しく賢明に振る舞うことはむずかしい。

 

何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。

 

大切なのは、自問自答し続けることである。

 

兵役を指名された人の2%が戦争拒否を声明すれば、政府は無力となります。なぜなら、どの国もその2%を越える人を収容する刑務所のスペースがないからです。

 

どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか。

 

教えるということは、こちらが差し出したものがつらい義務ではなく貴重な贈り物だと感じられるようなことであるべきです。

 

男は結婚するとき、女が変わらないことを望む。女は結婚するとき、男が変わることを望む。お互いに失望することは不可避だ。

 

シンプルで控えめな生き方が、だれにとっても、体にも、心にも、最善であると信じています。

 

愚者と天才の違いといえば、天才には限度があるということだ。

 

私の学習を妨げた唯一のものは、私が受けた教育である。

 

宗教なき科学は不完全であり、科学なき宗教は盲目である。

 

人が恋に落ちるのは、万有引力のせいではない。

 

成功という理想は、そろそろ奉仕という理想に取って替わられてしかるべき時だ。

 

知識人は問題を解決し、天才は問題を未然に防ぐ。

 

すべてのものは、できるだけシンプルに作られるべきだ。しかし、よりシンプルであってはいけない。

 

可愛い女の子と一時間一緒にいると、一分しか経っていないように思える。熱いストーブの上に一分座らせられたら、どんな一時間よりも長いはずだ。相対性とはそれである。

 

空想は知識より重要である。知識には限界がある。想像力は世界を包み込む。

 

挫折を経験した事がない者は、何も新しい事に挑戦したことが無いということだ。

 

自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。

 

真実とは、経験という試練に耐え得るもののことである。

 

人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走らなければならない。

 

誰かの為に生きてこそ、人生には価値がある。

 

この世は危険なところだ。悪いことをする人がいるためではなく、それを見ながら、何もしない人がいるためだ。

 

愛は、義務より良い教師である。

 

学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。自分の無知に気づけば気づくほど、より一層学びたくなる。

 

私には特別な才能などありません。ただ、ものすごく好奇心が強いだけです。

 

手段の完璧さと、目的の混乱。この2つが、私達の主な問題に見える。

 

神の前において我々は平等に賢く、平等に愚かである。

 

人生には、二つの道しかない。一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。

 

人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる。

 

6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない。

 

すべての宗教、芸術、科学は、同じ一つの木の枝である。

 

困難の中に、機会がある。

 

私は、先のことなど考えたことがありません。すぐに来てしまうのですから。

 

情報は知識にあらず。

 

人間性について絶望してはいけません。なぜなら、私たちは人間なのですから。

 

正規の教育を受けて好奇心を失わない子供がいたら、それは奇跡だ。

 

ある年齢を過ぎたら、読書は精神をクリエイティブな探求から遠ざける。本をたくさん読みすぎて、自分自身の脳を使っていない人は、怠惰な思考習慣に陥る。

 

たとえ国家が要求しても良心に反することをしてはいけない。

 

過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。

 

大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである。