アントニオ猪木

アントニオ猪木

元気があれば、何でもできる!

 

悩みながらたどり着いた結論は、やはりトレーニングしかない。

 

心が歪むのは肉体自体が不健康だからだ。

 

こんなプロレスを続けていたら10年持つ選手生命が1年で終わってしまうかもしれない。ただ、それがファンに対してのわれわれの義務ですから。

 

ちっちゃなケンカをするたびにスケールが小さくなる。

 

「やれたらやる」ではなくて「やる」のだ。

 

迷わず行けよ。行けばわかる。

 

私に言わせれば、「限界」なんて言葉はこの世の中にはない。「限界」と言うから、限界ができるのだ。なぜ自分から「限界」という一線をひかねばならないのか?

 

道はどんなに険しくとも、笑いながら歩こうぜ!

 

朝起きたら、まず水風呂に入れ!私は毎日、氷風呂に入ってる。明日から即、実行に移すように!

 

落ちたら、またはいあがってくればいいだけのこと。

 

人間には、必ず人生の転機を直感し、的確に判断できるかどうかを試される時が何度かある。

 

馬鹿になれ とことん馬鹿になれ 恥をかけ とことん恥をかけ かいてかいて恥かいて 裸になったら見えてくる 本当の自分が見えてくる 本当の自分も笑ってた それくらい 馬鹿になれ

 

花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ。

 

力を抜くことによって、相手のエネルギーを奪うことができる。

 

不安だらけの人生だからちょっと足を止めて自然に語りかけてみる。「元気ですかーっ!」自然は何も言わないけれど、ただ優しく微笑みかえしてくれた。元気が一番。今日もサンタモニカの一日が始まる

 

どん底に耐えられれば、裸になることができる。

 

なに、やりたいことが見つからない? なら死ね!

 

人は歩みを止めた時に、そして、挑戦をあきらめた時に年老いていくのだと思います。

 

出る前に負けること考えるバカいるかよ!

 

一生懸命やっている人を小馬鹿にするのは、自分がかなわないから笑うことで逃げているのだ。

 

さあ、やるんだ。やり抜くのだ。

 

子供に夢を持たせたければ、大人こそ夢を持て。

 

道はどんなに険しくとも、笑いながら歩こうぜ。

 

限界なんて言葉はこの世の中にはない、限界と言うから限界ができるんだ。どんなに慎重になっても、どんなに想像しても、行動についての結果は、やってみなければわかりません。でも、結果を恐れて行動しなければ、なにも生まれてきません。行動を起こせば、また新たな選択が生まれてきます。でも、その行動や選択には責任もついてきます。あなたの行動は多くの人にも影響をあたえます。言い訳はひとつも通用しません。それでも歩きましょう。人生逃げ道なし。

 

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となる。

 

夢を持て!でかければでかいほどいい。とにかく、夢を持て。大ぶろしきをひろげておさまりがつかなくなってみろ、やらざるを得なくなるではないか。

 

もともとありもしない「限界」にこだわると、己れの力に疑問をもつようになり、しくじったり、できなかったとき、「ああ、これが俺の限界だ、もうダメだ」とギブアップしてしまう。

 

道はどんなに険しくとも、笑いながら歩こうぜ!

 

「闘いのロマン」という引き出しこそ、もっとも開けて欲しいものなんだ。

 

いつか見てろよ、という立ち向かう姿勢が大事。

 

あいつが強いのは、チェルノブイリの放射能を微量に浴び続けているからだ。

 

夢を持てば、燃えられる。燃えられれば、どん底にも耐えられる。ヘンにひねくれることもない。どん底に耐えられれば、裸になることができる。

 

派手に見えれば見えるほど、裏で地味な努力をしているのがあらゆる世界のプロだ。

 

寝てたいヤツは一日中寝ていろ!そのかわり、やる以上はギネスブックの記録を作るぐらいの覚悟でやれ!

 

人にはいろいろ好き嫌いがある。俺にもどうしても好きになれない人間がいる。しかし、その人間がどういう情報を与えてくれるか、その人間を一度飲み込まなければ、それは得られない。人を飲み込むことのできる器というのは、人を包み込める大きさがなければならない。

 

俺は金持ちじゃないけど、まぁ、盗った人がそれで少しでも懐が暖かくあるなら、いいんじゃないですか。

 

ルールを決めた以上はルール違反を犯さずに堂々と闘う。

 

長州は紙一重の差を破れなかった。