アンドリュー・カーネギー

アンドリュー・カーネギー

世間でやり手と呼ばれるような機敏で活動的な成功者は、ほとんど何をするにも、明確な目標をもって動いている。

 

富は得ることのみに価値はない。有意義に散する時に価値あり。

 

人間は、優れた仕事をするためには、自分一人でやるよりも、他人の助けを借りるほうが良いものだと悟ったとき、その人は偉大なる成長を遂げるのである。

 

彼らは明確な動機と計画に従って行動し、目指すものを知り、そこに達するまであきらめないことを固く決意しているので、だいたいは目的を達成する。

 

心構えは、声のトーン、顔の表情、体の姿勢に影響し、その人が抱くあらゆる感情の性質を、左右するとともに、その人が話す言葉の印象を変える。

 

大事業家になる条件は4つある。貧困に育つこと。または貧困を経験すること。大学を卒業しないこと。機械的に仕事をこなすだけの人間にならないこと。

 

自分の意欲をかき立てることが、できない人たちは、ほかの才能がいかに感嘆すべきものであろうと、凡庸に甘んじるしかない。

 

まだやっていないことでは、名声は築けない。実に簡単な話だ。夢を抱き、リハーサルしたら、あとは現実の世界に飛び込んで実行あるのみ。

 

他人と最もうまく協力できる人が最大の成功を収めることになる。

 

自らを助けないものを救おうとしても無駄だ。

 

誠実な一言は、心にも無き百万言の賛辞に勝る。

 

明確な目標だけが、願ったとおりの成果をもたらすんだ。

 

世界中の秀才を集めてきても、働くことなしに並はずれた成功を、実現させることは出来ない。

 

私は特別な人間ではない。しいて言えば普通の人より、ちょっと努力しただけだ。

 

成功の秘訣は、いかなる職業であっても、その第一人者たることを期することである。

 

覚えておきなさい。あらゆるビジネスを左右するのはそこで働く人間の心構えなのだよ。

 

大きな問題に直面したときは、その問題を一度に解決しようとはせずに問題を細分化し、そのひとつひとつを解決するようにしなさい。

 

自分の時間は、睡眠に必要な時間を除いてすべて何らかの利益をもたらすようなことに使うべきだ。

 

成功にトリックはない。わたしは与えられた仕事に、全力をつくしただけだ。

 

仕事に忙殺され、どうしたら短期間により多くの金を、稼げるかばかり考えていると、救いようもなく堕落するだけではないか。

 

私は長い一生のうちに、善い正直な仕事をしない会社が成功したのを見たことがない。

 

普通の人間が持って生まれる財産と言えば、時間だけだ。

 

朝寝は時間の出費である。これほど高価な出費は他にない。

 

ごく些細なことに、人間の運命をきめる最も重要なことが、かかっているかもしれないのである。

 

どんな事業でも、成功するためには、確実に計画性をもって、たゆみなく働くことだ。

 

私たちは世界で最も豊かな国にいる。

 

人生をより良くするためには、心の状態を前向きの状態にする事が先決。

 

ここでは、自分の心構えと願望で、限界を作ってしまわないかぎり、制限を受けることはない。

 

私たちは誰でも習慣に支配されている。習慣は思考や経験の繰り返しによってたちの中に定着する。したがって、思考をコントロールすることで、それに応じて、この世での運命を、コントロールすることが出来るのだ。

 

一番乗りは牡蠣を得るが、 2番目の人は貝殻しか得られない。

 

「明確な目標」は、成功を目指すすべての人に不可欠だ。

 

最も高い目標を達成するには、一歩一歩進むしかないという事実を、頭に入れておかなければならない。

 

勇気は、思い掛けない処に、思い掛けない程ある。

 

一番確実な方法は、エネルギーのすべてを、特定の分野に注ぎこむやり方だ。

 

生計を立てるのに、収入が必要だからというだけの理由で、好きでもない仕事をしながら、人生を漫然と過ごすなんて悲劇だね。

 

よりよい成果が得られるのは、自分が一番好きな仕事をしているときだろうね。だから、人生の目標は、自分が好きなことを選ぶべきなんだ。

 

自分が豊かになれば、次に、社会を豊かにせよ。

 

自分の努力で得る富や物はすべて、求めるものについての、簡潔なイメージを持つことから始まる。

 

人間、優れた仕事をするためには、自分一人でやるよりも、他人の助けを借りるほうが、良いものが出来ると悟ったとき、その人は偉大なる成長を遂げるのである。

 

情熱は心の刺激剤だ。それはネガティブな影響力を、心から追い払い、心の平和をもたらしてくれる。それは思考においても、行動においても主体性をはぐぐむ。

 

強烈な願望を抱いた心は、心の中から恐れや疑いや、自分で課した限界を取り除く。

 

成功へのサバイバル・レースで、マークすべき存在は、金持ちの子息たちではない。むしろ、オフィスの拭き掃除という、下っぱの仕事からコツコツと努力し、キャリアを積んでいく人間こそ、“ダークホース”としてマークしたほうがいいだろう。

 

ごく些細なことに、人間の運命をきめる最も重要なことがかかっているかもしれないのである。

 

チャンスに出会わない人間は、一人もいない。それをチャンスにできなかっただけである。

 

ハシゴを自分で登る意思のないものを、他人が押し上げることなどできない。

 

思考をコントロールできなければ、行いをコントロールすることは出来ない。

 

自分の目標を、低く設定する必要はない。また、自分の望み以下の物で、満足しなければならない理由もない。

 

すべての成功、すべての巨富は、まずアイデアから始まる。

 

失敗にしても、成功にしても、人間が何かを実現できるかどうかは、当人の習慣によって決まるんだよ。

 

清貧の家に育った子供は、裕福な家庭の子たちとくらべて、なにものにもかえることのできない、尊い宝を与えられている。

 

なにかを崇拝することは必要である。ただし、富の崇拝は最悪だ。

 

どんな事業でも、成功するためには、確実に計画性をもって、たゆみなく働くことだ。

 

文章を書くときは、「頭脳」で書いても「心」で書いても、作家の心の状態が必ず、読者に伝わってしまうものだ。

 

お金が人間を堕落させるのではない。儲ける為だけに儲け、貯める為だけに貯めようとすることが、人間を堕落させるのである。

 

他人の利益を図らずして、自ら栄えることができない。

 

成功への必須条件として、あらゆる長所の中で第一に要求されるのは、健全な人格である。

 

働くことに変わる方法は、まだ誰も考えついていないからね。

 

先延ばしにする癖のある人は、人生を漫然と過ごして失敗する。
人が最高の力を発揮するのは、自分がやりたいと思うことをするときなんだ。