クリスティアーノ・ロナウド

Cristiano RONALDO

1回、2回、3回とフェイントを繰り返したらゴール前には誰もいなかった。

 

僕は野心家だ。偉大な選手たちが歩んできた道筋を追いたいし、個人タイトルとチームの優勝の両方を手にしたいと思っている。 

 

僕にとって7番はルイス・フィーゴの番号なので、別の意味でとても大事な番号なのです。

 

この背番号に恥じないプレーをみせる。

 

サッカーを好きな人なら、誰もがクリスティーナ・ロナウドのプレーを見たいと思っていることは間違いない。

 

19歳で欧州王者になりたかった。だけど、前を向かないといけない。またいつか、欧州王者になるチャンスが来るはずだから、今回の落胆をバネにしないといけないんだ。

 

あの夜、僕は脆弱になっていた。何千万人もが見守るテレビカメラの前で、号泣してしまいそうだった。ああいう大舞台で負けるのは、大嫌いだ。

 

僕は9歳で、あの1994年アメリカW杯の決勝戦をマディラ島の実家で家族と一緒に見ていた。みんな、ブラジルを応援していた。でも、ロベルト・バッジョがPKを外してしまった場面は、永遠に忘れられない。

 

誰よりもいい仕事をした自負がある。今シーズンは、過去のどのシーズンよりも結果を残したと思う。他にも2~3人受賞してもおかしくない選手はいる。だけど、プレミアとチャンピオンズリーグを制して、これ以上バロンドールのために何が必要なんだ?

 

自分が男前で金持ちで、偉大な選手だからだろう。皆が僕に嫉妬している。それ以外説明のしようがない。

 

1人はみんなのために、だけど、みんなは1人のためじゃない。

 

バロンドール受賞は幼い頃からの夢でした。だからこそ、私にとって特別な瞬間なのです。このトロフィーを、いつも支え続けてくれた家族に捧げます。

 

ユナイテッドに移籍してから、僕は盗めるものは何でも盗んでやろうと一生懸命練習した。そういう小さな積み重ねを成長って呼ぶんだ。

 

サッカーに限界など無い。限界が無いからこそ今の俺がいる

 

僕にとってサッカーは仕事ではない。神から与えられたものなのだ。

 

これまでに、何度となくレアルでプレーするのが夢だといい続けてきた。そして、幸運にも実現した。1つでも多くのタイトルを獲得したい。自分ならできると信じているよ。

 

プレッシャーのおかげで強くなれるのだと、証明したかった。試練に立ち向かい、勝った。シーズン開幕からできる限りリラックスするように努め、試合中、絶え間ないブーイングから自分を守る壁を作り上げた。そんな雑音を無視しているうちに、新たなモチベーションが芽生えてきたのだ。

 

僕に投票してくれた全ての人々、チームメートや監督、会長、レアル・マドリードに関わる人たちに感謝したい。僕にとってこれは夢なんだ。僕をより良い選手にしてくれた代表チームや、ポルトガルの人たちにも感謝しているよ

 

苦しみのない栄光などない。

 

ファウル欲しさに倒れてる?それは絶対にない。相手が僕のレベルについて来られないだけ。

 

バルセロナが素晴らしいチームで、素晴らしい監督がいることは認める。でも、我々は必ず追いつく。難しければ難しいほど、達成したときの喜びは大きいものだ。

 

サッカーをやめたいと思ったことは何度もある。でもサッカーを嫌いになったことはない。

 

僕の人生の中でも特別な瞬間です。まず、父と母、家族と友人、代理人のジョルジュに感謝します。全員の名前を挙げなくてもいいだろう。みんなわかってくれているはずだから。そして、この賞をチームメイトに捧げたい。彼らがいなければ、このトロフィーを手にすることはできなかった。

 

こんなのはまだ一部分。時間が経てば、もっと凄いモノを見せられる。

 

背番号7は、大きな名誉であり、かつ責任が伴うね。マンチェスターの人はみな、ベストやカントナの話をする。後を継げるのは名誉なことだ。でも、背番号7は、僕にとっても特別なんだ。ルイス・フィーゴが、スポルティングでつけていた番号だからね。子供のときから憧れていたんだ。

 

僕が何歳か知ってるかい?まだまだ成長過程にあるんだよ。

 

スポルティングでつけていた28番がまだ空いているかと聞くと、ファーガソン監督が『ダメだ、ダメだ、君は7番だ』といい、『OK、ボス!』と答えてしまった。とても『いや、僕の背番号は28です』なんていえる雰囲気ではなかったよ。

 

メッシに並びたい

 

俺はスターで誰よりも恵まれた環境にある。人々の期待にこたえること、それが俺のモチベーションだ。

 

最優秀選手賞は、一番大切なものではない。チームが優勝するほうが大切だ。

 

世界最高のチームと契約できて、うれしいです。マンUに所属する、初のポルトガル人選手になれたことを誇らしく思います。そして、今後チームの勝利に貢献できることを楽しみにしています。