ジェームス・ディーン

ジェームズ・ディーン

永遠に生きるつもりで夢を抱け。今日死ぬつもりで生きろ。

 

成功できない人は、 成功するのが怖いんだ。 成功には、 恐ろしいほどの責任がつきものだ。 みんな、そんな責任は引き受けたくないのさ。

 

急いで生きないと。死に追いつかれないように

 

生と死のはざまを埋めることができたら、つまり死んだ後も生き続けることができるなら。そうすれば、その人は偉大な人間だったと言えるんじゃないかな

 

優しさこそ、ほんとうの強さだ。

 

ぼくは、成長して、このちっぽけな世界から抜け出したい。 価値もないみみっちい物事についてのちっぽけな考えから自由になってね。 そんなものは、100年もたてば全部忘れられてしまうだろうから。

 

みんなは頂点に達した人のことを成功者と呼ぶようだけど、でも、頂点なんてものは存在しない。 人は上へ上へと登っていって、けっして途中で立ち止まってはいけないものなんだ。

 

牛や豚、鶏を研究することは、役者にとって芸の肥やしになる。僕が動物たちから学んだことはたくさんある

 

良い俳優であることは簡単じゃない。男であることはもっと難しい。僕は死ぬ前にその両方でありたいんだ

 

まだまだ自分の何分の一も知っちゃあいない。…だから生きることにせっかちなのさ。

 

役者が監督から言われる通りに演じたとしても、それは芝居ではない。命令に従っているだけだ。そんなものは、見た目さえ適切ならば誰にでもできる。監督(ディレクター)の仕事とは、指揮すること、つまり方向性を示すこと。そこから先は役者の仕事になる。役者には、演技の中で自分自身を表現できる自由、そんな空間が必要なんだ。その空間がなければ、役者は胸にプッシュボタンをぶら下げた考えることのできないロボットと何もかわりゃしない

 

人間にとって真の偉大さ、真の成功は、不死の中にあるんじゃないかな。 歴史に名を残すような仕事をすること、何世紀にもわたって残るような何か を成し遂げること、それが真の偉大さだよ。

 

無茶な運転はしないように。君が救う命は僕の命かもしれないんだから

 

これよりいい死に方があるかい?一瞬にして跡形もなく、しかも栄光に包まれて死ねるんだ。

 

俳優であるということは、世界中で最も孤独なことだ。 そこには自分の集中力と想像力以外、何もない。

 

俳優とは、世界で最も孤独な職業だ。そこには自分の集中力と想像力の他に何もない

 

これ以上いい死に方があるかい?一瞬にして跡形もなく、しかも栄光に包まれて死ねるんだ。

 

速く生き、若く死に、美しい死体になろう

 

やさしさを持つ人間だけが、本当に強い人間だ

 

芝居をインチ(身長)で評価できるわけないだろう!

 

満足感は、結果にではなく、過程にこそある

 

きっとどこかに、すべてが堅固で、充実しきった世界が存在するはずさ。 ぼくはそこまで登りつくために、そして、かぎりなく完璧に近い場所を探し当てるために、努力をしたいと思ってる。