スティーブ・ジョブズ

 

スティーブ・ジョブズ

もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?

 

未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、いつかどうにかして点は結ばれると信じなければならない。

 

1年で2億5000万ドルも失ったのは、知っている限りでは私だけだ。人格形成に大きな影響を与える出来事だった。

 

シンプルであることは、複雑であることよりもむずかしいときがある。物事をシンプルにするためには、懸命に努力して思考を明瞭にしなければならないからだ。だが、それだけの価値はある。なぜなら、ひとたびそこに到達できれば、山をも動かせるからだ。

 

墓場で一番の金持ちになることは私には重要ではない。夜眠るとき、我々は素晴らしいことをしたと言えること、それが重要だ。

 

アップル社再建の妙薬は、費用を削減することではない。現在の苦境から抜け出す斬新な方法を編み出すことだ。

 

すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。まだそれを見つけていないのなら、探すのをやめてはいけない。安住してはいけない。心の問題のすべてがそうであるように、答えを見つけたときには、自然とわかるはずだ。

 

顧客はより幸せでよりよい人生を夢見ている。製品を売ろうとするのではなく、彼らの人生を豊かにするのだ。

 

ハングリーであれ。愚か者であれ。

 

自分もいつかは死ぬ。それを思い出すことは、失うものなど何もないということを気づかせてくれる最善の方法です。

 

量より質が重要だ。2本の二塁打より、1本のホームランのほうがずっといい。

 

あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。

 

自身がクオリティの判断基準となれ。

 

我々がすることと同じくらい、我々がしないことを私は誇りに思う。

 

毎日を人生最後の日だと思って生きれば、いつか必ずその日は来るだろう。

 

この地上で過ごせる時間には限りがあります。本当に大事なことを本当に一生懸命できる機会は、二つか三つくらいしかないのです。

 

一つのことを、一生やり続けられると確信する日がくる。

 

方向を間違えたり、やり過ぎたりしないようにするには、まず「本当は重要でも何でもない」1,000のことに「ノー」と言う必要がある。

 

最も重要な決定とは、何をするかではなく、何をしないかを決めることだ。

 

安全にやろうと思うのは、一番危険な落とし穴なんだ。

 

仕事はチームスポーツなんだ。

 

水道からはいくらでもタダの水が出るけど、みんな金を出してミネラルウォーターを買ってるじゃないか。

 

私はアップルの経営を上手くやるために仕事をしているわけではない。最高のコンピュータを作るために仕事をしているのだ。

 

ベルは、電話を発明する前に市場調査などしたか?

 

何を捨てるかで誇りが問われ、何を守るかで愛情が問われる。

 

終着点は重要じゃない。旅の途中でどれだけ楽しいことをやり遂げているかが大事なんだ。

 

人となりは、その人のヒーローが誰かでだいたいわかる。

 

卓上計算機しか使ったことがない人にマッキントッシュがどういうものか尋ねても、答えられなかったでしょう。それについて消費者調査をするのは無理です。とにかくつくってみんなに見せ、どう思う?と聞くしかありません。

 

いまはまたリスクが溢れている。これはとてもいいことだ。そのリスクを覗いて向こう側を見てみると、なんだか大きく化けそうだと思えてくる。

 

アップルとは、既成概念の外で思考できる人々のことだ。

 

知ってると思いますが、私たちは自分たちの食べる食べ物のほとんどを作ってはいません。私たちは他人の作った服を着て、他人のつくった言葉をしゃべり、他人が創造した数学を使っています。何が言いたいかというと、私たちは常に何かを受け取っているということです。そしてその人間の経験と知識の泉に何かをお返しができるようなものを作るのは、すばらしい気分です。

 

何が起こるかをぴたりと当てることはできない。しかし、どこへ向かっているかを感じることはできる。

 

イノベーションは、研究開発費の額とは関係がない。アップル社がマックを開発したとき、米IBM社は少なくとも私たちの100倍の金額を研究開発に投じていた。大事なのは金ではない。抱えている人材を、いかに導いていくか、どれだけ目標を理解しているかが重要だ。

 

お金は損するかもしれないけど、自分の会社が持てる一生に一度のチャンスだ。

 

たいていの人ならあきらめそうな、つらい時期が何度も訪れる。

 

私たちのゴールは、いついつまでにではない。最良の製品を生み出すのがゴールなのだ。

 

偉大な大工は、誰も見ないからといって、床裏にひどい木材を使ったりはしない。

 

腰を下ろして休むことは、絶対にすすめられない。

 

従業員4,300人以上を抱える20億ドルの企業が、ブルージーンズをはいた6人と競争できないとは信じがたい。

 

失敗を覚悟で挑み続ける。それがアーティストだ。

 

美しい女性を口説こうと思った時、ライバルの男がバラの花を10本贈ったら、君は15本贈るかい?そう思った時点で君の負けだ。ライバルが何をしようと関係ない。その女性が本当に何を望んでいるのかを、見極めることが重要なんだ。

 

模倣するほうが楽かもしれない。でもそんなことをしても世界はよくならない。

 

「できるわけがない」で大幅に改悪される。「つくれやしない」でまた大幅に改悪。こうしてわざわざ敗北を引き寄せる。

 

お膳立てさえしてやれば、人は自分の限界以上の仕事をやり遂げるんだよ。