デビッド・ベッカム

David-Beckham

ぼくのスキルは地元の公園で父とともに学んだ歳月のたまものだ。人の成長は育った環境でどうにでもなる。

 

人生で一番幸せを感じた瞬間は、ヴィクトリアが妊娠したことを知らされた時だね。大喜びして言葉にならなかったよ

 

戦争とサッカーは別物だ。僕が考えているのは、親を失った子供、子供を失った親のこと。そのような人たちの力になってあげたいと思う。

 

僕の秘密は、練習だ。もし何か人生で特別なことを実現したければ、ひたすら頑張って、頑張って、そして、もっと頑張ることだというのが、僕の昔からの信念だ。

 

ぼくが子供たちに教える立場に立つとしたら、プレーの楽しさとスキルを身につける楽しさを一番に据えるつもりだ。それが父とプレーしたことの一番の恩恵だった。父とぼくは気分が乗ったら何時間でもパス、クロス、シュートの練習をした。ぼくが父から授かったものは何にも代え難かったし、あらゆることを教わった。 

 

ぼくがロングシュートを決めると、よく人々はまぐれだと言うが、それは違う。ぼくは小さい頃からロングシュートを撃つ練習をしてきた。

 

教室にはあまりいたくなかった。いい教育を受けるのは大事なことだとわかっていても、頭の中にはフットボールしかなかった。

 

人々が、ぼくの左足が弱いだとかヘディングがもっと強くならなくちゃ、と言っているのは知っている。でもそれは、あまり練習しないからでもなければ、自分でもへただと思っているわけでもない。左足だって使えるが、より強い右足を使うほうがずっと理に適っているというだけのことだ。

 

学校時代、毎日ぼくは家に帰るとすぐに近くの公園、チェイス・レインに行って夜の十一時までそこにいた。たったひとりでも何時間でもプレーしていたものだ。母はいつもぼくがどこにいるかわかっていたのでそれを歓迎した。そうした練習の積み重ねがマンチェスター・ユナイテッドのファーストチームに入るために必要なんだと信じていた。そして今もその哲学はまったく変わっていない。

 

父親であることは、僕が経験してきた中で一番の幸せだよ。これ以上のことなんてない

 

今、僕にモチベーションを与え、前向きな気持ちにさせてくれているのは、暗いトンネルを抜けたところにある、ワールドカップという光なんだ。

 

ファギーは僕が今までプロになって仕事をした最高のコーチだ。ええと、まあ実際彼以外のコーチと仕事をしたことは無いんだけど。

 

フリーキックでぼくが用いる鞭を打つような動作は、ずっと練習してきたことだ。生まれながらの能力だとは思っているが、それでももっとうまくできるようにハードな練習を欠かさない。このテクニックが得意なデニス・アーウィンとアレッサンドロ・デル・ピエロもきっと同じだと確信している。

 

練習があってこそ、胸躍るようなスペクタクルゴールは生まれる。

 

ぼくが今あるのは、小さい頃に父から受けたトレーニングのおかげだ。以来、ぼくはひたすら練習に打ち込んできた。トップに上がるためにはそれしかない。ジネディーン・ジダンとルイス・フィーゴは当代最高のプレーヤーだが、いくら彼らに恐ろしいほどの天賦の才能があるとしても、練習なしには現在の地位は築けなかったはずだ。

 

何かを必死でやりたいと思えば、道は開けていくものだ。

 

50万人の前でプレイするより、ここで50人にFKの蹴り方を教える方が神経を使うよ(笑)。

 

ぼくは練習の中身を毎日変えるのが好きだ。ちょっと退屈すると裸足でフリーキックの練習をしてみたりする。もっと若い頃にはよく裸足でボールを蹴っていたもので、これはボールの感触を確かめるのに役立つ。ユーロ2000の間、練習中のぼくのそんな姿を見た代表チームのフィジオは気に入らなかったと思う。でもそれはぼくがずっとやり慣れてきたことなのだ。

 

もし誰かがシーマンをスケープゴートにしたら、それは完全に彼の名誉を汚す行為だ。あれは彼のせいではなかった。彼はベストGKのひとり。ワールドクラスのGKだ。

 

昔からユナイテッドでは誰ひとりとして持ち上げられすぎることはない。ビッグプレーヤーがオールド・トラッフォードを次々に去っても、クラブは続いていく。それが宿命だ。カントナ、インス、シュマイケル、ヒューズ、そしてロブソンが別れを告げた後も、チームはさらなる成功を目指す。彼らは今もオールド・トラッフォードの敬意を集め愛されているが、クラブはいつまでもこだわってはいられない。成長するにつれてそれを知るにつけ、ぼくにもいずれ同じ運命が待ち受けているのがわかる。くよくよはしない。前を向いて進むだけだ。それも過去何年間もの間に築かれた成功の理由の一端なのだ。

 

確か算数だったと思う。でも僕が学校で習ったのとは全然違うんだ。「何てこった、解けないよ」っていう感じだった。

 

ぼくは水曜日の夜、日曜リーグのフットボールチームと練習するのがそれはそれは大好きだった。一度、母と父が何かの罰として練習に行かせてくれなかったことがあった。もう死にそうな気分だった。あれほど厳しい罰は後にも先にもなかった。

 

ぼくが望んだことのすべて、それはフットボールを蹴ることだった。それ以外のことは頭になかった。

 

サッカーの試合に勝つことで彼らに微笑みを与えることができるのなら、ぜひともそうしたいと思う。

 

カントナはオールド・トラッフォードに大きな影響を与えた。特に、合同トレーニング後に居残りでスキルを磨くやり方で。ぼくはずっとそれを続けてきた。ボールの入った袋を見つけ、トレーニングスタッフがやめろと言うまでフリーキックやコーナーの練習をする。ずっと、もっとうまくなれると思ってきたし、それは今も変わっていない。ある朝目覚めてこれとあれをやる必要を感じたとかじゃない。弱点を直す練習は小さい子供の頃から続けてきたことで、すべてのスキルにおいて総体的な進歩を成し遂げるためなのだ。

 

何度でも蹴る。俺のメンタリティーは勝つまで前進だ。