フローレンス・ナイチンゲール

フローレンス・ナイチンゲール

天使とは、美しい花をまき散らす者ではなく、苦悩する者のために戦う者である。

 

私が成功したのは、決して弁解したり、弁解を受け入れなかったからです。

 

立派な男性が求婚すれば、女性がそれを受諾しない理由はない、という考えにはまったく賛成できない。

 

恐れを抱いた心では、何と小さいことしかできないことでしょう。

 

人の思いは、言葉に変わることで無駄にされているように、私には思えるのです。それらは皆、結果をもたらす行動に変わるべきものなのです。

 

人生を生きるには、修練が必要です。「まずまずの目的、過ち多き行為、ぐらぐらしている意志」のうちに人生をうやむやに過ごしてはなりません。

 

女性よ自立しなさい。自分の足で立ちなさい。

 

あなた方は進歩し続けない限りは退歩していることになるのです。目的を高く掲げなさい。

 

私たちは、自分が誉められるためにではなく、私たちが選んだこの仕事に名誉をもたらし、それを前進させるために、心を打ち込んで事を成し遂げていこうではありませんか。

 

他によいものがなかったのでそのコトバを看護と言う。

 

私はすべての病院がなくなることを願っています。

 

経験をもたらすのは観察だけなのである。

 

人生とは戦いであり、不正との格闘である。

 

命を奪われた男たちの前に立って思う。生きている限り、彼らを死に追いやった相手と戦い続けると。

 

何かに対して「使命」を感じるとはどういうことであろうか?それは何が「正しく」何が「最善」であるかという、あなた自身がもっている高い理念を達成させるために自分の仕事をすることであり、もしその仕事をしないでいたら「指摘される」からするというのではないということではなかろうか。これが「熱中するということ」であり、自分の使命を全うするためには、誰もがもっていなければならないものなのである。

 

愛というのは、その人の過ちや自分との意見の対立を許してあげられること。

 

最も上手に人をおさめるのは、自分の責任下にある人々を愚かに甘やかすのではなく、その人のためになること、その人にとって最高の利益になることを、親身になって考える人です。

 

看護を行う私たちは、人間とは何か、人はいかに生きるかをいつも問いただし、研鑽を積んでいく必要がある。

 

あなた方は進歩し続けない限りは退歩していることになるのです。目的を高く掲げなさい。