アイザック・ニュートン

アイザック・ニュートン

成功に必要なことをあえて一つ述べるとすれば、それは、「つねに願望や目標について考えることだ」と言うことに尽きると思います。なぜなら、私たちの人生は私たちの「思考」でつくられているからです。

 

目の前には手も触れられていない真理の大海原が横たわっている。だが、私はその浜辺で貝殻を拾い集めているに過ぎない

 

今日なし得ることに全力をつくせ。しからば明日は一段の進歩あらん。

 

計算に夢中になっていて、さっき食べたのを忘れていた。

 

たとえ相手がつまらない人物であっても、額面どおりに相手をこきおろすよりは、額面以上に相手をほめるほうが安全である。賞讃は非難ほど反発されないし、少なくとも嫌がられないからだ。

 

私たちは多くの壁を立てているが、十分な橋をかけていない。

 

自分を相手より利口に見せても愚かに見せても、得る所はない。

 

宇宙には同一のデザイナーのしるしがある。だから、すべてのもの、唯一のまた同一の存在者に帰属するものでなければならない。

 

太陽、惑星、彗星からなる最も美しい系は、知性と力ある存在の配慮と支配によってのみ発生しえた。

 

若いときは、他の人の仕事をするのを決して嫌がらないことだ。そして歳をとれば、自分よりもよくできる人の仕事には決して手を出さないことだ。

 

神はすべてを数と重さと尺度から創造された。

 

年がら年中、そのことばかりを考えていただけです。成功に必要なことを、あえて一つ述べるとすれば、それは、「つねに願望や目標について考えることだ」と言うことに尽きると思います。なぜなら、私たちの人生は私たちの「思考」でつくられているからです。

 

人間は事実に反することを想像してもよいが事実しか理解することはできない。事実に反することを理解したとしたも、その理解は間違っている。

 

私は、海辺で遊んでいる少年のようである。ときおり、普通のものよりもなめらかな小石やかわいい貝殻を見つけて夢中になっている。真理の大海は、すべてが未発見のまま、目の前に広がっているというのに。

 

諸物の多様さと混乱のうちにではなく、つねに単純さのうちに真理は見出される。

 

もし私が価値ある発見をしたのであれば、それは才能ではなく忍耐強く注意を払っていたことによるものだ。

 

我、仮説を作らず。

 

如才のなさとは敵を作らずに自分を主張することである。

 

私は、重心を原点にとると公式が適用できる事を見つけただけです。

 

年がら年中、そのことばかりを考えていただけです。

 

新しい集団に入ったら、その集団の気風をよく見きわめて、自分をそれに合わせる。これで交際ものびのびした屈託のないものになる。人と語るときは「それは、こういうことですか」、「こういうことではありませんか」といった言いまわしを多く用い、押しつけがましく断言しない。新参者は教わるべきであり、人に教えるべきではない。

 

どんな行動にも、必ずそれと等しい反対の反応があるものである。

 

一生を振り返ると、わたしは砂浜できれいな貝がらをひろって喜ぶ小さな子供にすぎない。

 

私が遠くを見ることができたのは、巨人たちの肩に乗っていたからです。

 

発見する方法は、簡単です。1週間、1ヶ月、1年と、そのことだけを考え続けるのです。そうすると月明かりが指してくるように、問題が見えてくるのです。

 

プラトンは私の友、アリストテレスは私の友。しかし、最大の友は真理である。

 

我々はあまりにも多くの壁を造るが、架け橋の数は十分ではない。

 

天体の動きなら計算できるが、群集の狂気は計算できない。