ピーター・ドラッカー

ピーター・ドラッカー

成功への道は、自らの手で未来をつくることによってのみ開ける。

 

成し遂げたいことに必要な条件を、明確に把握すればするほど、達成される確率は高まっていく。

 

経営者がかならず身につけておかなければいけない、大事な要素がひとつだけある。それは”品性”である。

 

成果をあげる人の共通点は、行わなければいけない事を、しっかり行っているというだけである。

 

以前にも成功をおさめたからといって、今度も以前と同様の仕事のやり方をし続ける経営者というものは、必然的に失敗する運命にある。

 

成果とは常に成功することではない。そこには、間違いや失敗を許す余地がなければならない。

 

判断の代わりに公式を使うことは、つねに間違いである。

 

「出来ないこと」ではなく、「出来ること」に集中しなさい。

 

仕事のやり方を変えるのではなく、仕事の意味を考えなさい。

 

まず、やりたいを決め、次に何に集中すべきかを決めなさい。

 

基本と原則に則っていないものは、かならず破綻する。

 

失敗者が何をして失敗したかよりも、成功者が何をして成功したかを学びなさい。

 

素晴らしくマネジメントされた組織というものは、日常はむしろ退屈な組織である。

 

数千のアイデアを育てて、やっと一つの成果を得ることが出来る。

 

間違いや失敗を犯したことのない者というのは、単に無難なこと、安全なこと、つまらないことしか、やってこなかっただけである。逆に優れている者ほど、数えきれない間違いを犯すものであり、これは常に新しいことに挑戦している証拠である。

 

人間は、自らが望む未来の大きさに合わせて、成長する。

 

何かを成し遂げるためには、そのことをしか考えられないという“狂い”が必要となる。

 

全力を注がなければ、あなたに未来は無い。

 

成功する人に共通しているのは、ひたすらひとつの事に集中しているという点である。彼らは自分にとって一番重要なことだけに力を集中し、それが終わるまで他の事には一切手を出さない。

 

生産性の本質を測る真の基準は、「量」ではなくて、「質」である。

 

成功する企業というのは、「問題」ではなく、「チャンス」に目を向けている。

 

すべての偉大な成功は、地味で面倒な事の積み重ねの上に成り立っている。

 

複雑なものというのは、大抵うまくいかない。

 

事業とは何かを問われると、たいていの企業人は利益を得るための組織と答える。たいていの経済学者も同じように答える。この答えは間違いなだけではなく、的外れである。

 

優れた者ほど、間違いは多い。それだけ新しいことを試みるからである。

 

社会や経済は、いかなる企業をも一夜にして消滅させる。企業は社会や経済の許しがあって存在しているのであり、有用かつ生産的な仕事をしていると見なされるかぎりにおいて、存続を許されているに過ぎない。

 

コミュニケーションで一番大切なことは、相手が口にしていないコトバを聞き分ける力である。

 

世界一になりなさい。さもなければ撤退しなさい。

 

組織のマネジメントとは、凄い人材を入れることや改新的なサービスを導入する事のように思われているが一番重要なのは、今ある人材と資産で何ができるかを考えることである。

 

成功する人間に必要な、生まれつきの能力などありはしない。ただ、あなたが成し遂げたいことに、必要な能力だけを身につければいいのだ。

 

どんな人でも努力すれば、“それなりの能力”は身につけることが出来る。そして、この世で成功するためには、“それなりの能力”があれば十分なのである。

 

砂漠では、教養など何の役にも立たない。生きる技術を持っているかどうかが生き残れるかどうかを分ける。厳しいビジネスの世界も同じである。

 

これまでの実績など捨てなさい。自分の強みを過信した者は、生き残れません。

 

生産性を上げる一番簡単な方法は、今、成果が一番出ている仕事に集中し成果が出ていない仕事からは、撤退してしまうことである。

 

重要なことは、明日何をするかではなく、今日、何をしたかである。

 

マーケティングの理想は、販売を不要にすることである。つまり、製品がおのずから売れるようにすることである。

 

私が13才のとき、宗教の先生が生徒一人ひとりに、「何によって人に憧れたいかね」と聞いた。誰も答えられなかった。先生は笑いながらこう言った。「いま答えられると思わない。でも50才になって答えられないと問題だよ。人生を無駄に過ごしたことになるからね。」

 

寝床につくときに、翌朝起きることを楽しみにしている人間は、幸福である。

 

不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。自らの強みに集中すべきである。無能を並みの水準にするには、一流を超一流にするよりも、はるかに多くのエネルギーと努力を必要とする。

 

21世紀に重要視される唯一のスキルは、新しいものを学ぶスキルである。それ以外はすべて時間と共にすたれてゆく。

 

いまさら、自分を変えようとしてはならない。うまくいくわけがない。自分の得意とする仕事のやり方を向上させることに、力を入れるべきである。人の卓越性は、ひとつの分野、あるいはわずかの分野において、実現されるのみである。

 

教養ある人間とは、勉強し続けなければならないことを自覚している人間のことである。

 

あらゆる活動について「もし今日これを行っていなかったとして、改めて行うか」を問わなければならない。答えが否であるなら、「それでは、いかにして一日も早くやめるか」を問わなければならない。