ブルース・リー

ブルース・リー

考えるな、感じろ

 

パンチに予備動作を加えてはいけない。瞬時に打て。

 

武術家の肉体は武器である。にもかかわらず、武器の手入れを怠る人間が、なんと多いことだろう。

 

増やすな、捨てろ。

 

心を空にしろ。形なきものとなれ。水のように無定形に。水をコップに入れれば、コップの形となる。ボトルに入れればボトルの形に、茶瓶に入れれば茶瓶の形となる。水はゆらゆら流れる。水は破壊することもできる。水になれ、友よ

 

境遇なんかクソくらえだ。俺は自らチャンスを創りだす

 

パンチとは目標を「打つ」のではない。「打ち抜く」のだ。

 

常に自分自身であれ、自分を表現し、自分を信じろ。成功者を探し出してきて、その人と同じことをやろうとするな。

 

並みの強さは歯を食い縛る程度の努力で得られるがそれでは人並みだ並みの強さは努力で誰でも得られるだがその上を目指すのであれば限界を超え続けなければならない

 

簡単な人生を願うな。困難な人生を耐え抜く強さを願え

 

私は「できると思うからできる」という古くからの格言を重視し始めている。思っていることに対し、強固な目的意識、忍耐力、そして思いを実現したい燃えるような情熱を加えれば、誰でも必ず目標を達成することができるだろう。

 

誰が正しくて誰が間違っている、誰が誰より優れているなどと考えるな。賛成も反対もするな。

 

失敗は、それを認める勇気さえあれば、いつでも許されるものだ

 

武道家は2つの問いかけをする必要がある。自分が何をしたいのか。何が最速で、もっとも効率的かつ効果的に目的を達成できるか。

 

あなたが思い描くように、あなたはなっていく。

 

敵と戦うとき、勝敗は意識のなかから消し去るべきである。 状況に応じて動けばいい。

 

戦う者には、鷹のように鋭い目、狐のように狡猾な頭、猫のように素早い動き、豹のような獰猛さ、コブラのようなスピード、そしてラクダのような忍耐力が必要だ。

 

目立とうとするのは、栄光を勘違いした愚か者の考えることだ。

 

馬鹿な人間が賢明な答えから学ぶよりも多くのことを、賢明な人間は馬鹿な質問から学ぶ

 

知るだけでは不十分。応用しなくてはならない。決意するだけでは不十分。実行しなければならない

 

周囲を見ろ。日々が勉強だ。自分自身を研究するんだ。

 

重要なのは日ごとに技量が増えることではなく、減らすのを心掛けることだ。つまり実質に関係ないものはどんどん捨てることである。

 

勝つか負けるか、戦いの結果を予測することは大いなる間違いだ。自然に任せていれば、ここぞという時に武器がひらめく。

 

物理的であれ、なんであれいつも自分のやることを制限してしまうとそれはあなたの行動、人生にも広がってしまう。限界などない、停滞期があるだけだそこに留まってはいけない。

 

成功する戦士は、レーザーのような集中力を身につけた、ごく普通の人間である

 

自己実現が重要だ。 それと私が皆に言いたいのは、「自己イメージ」の実現ではなく、 「自己」の実現に向かってほしいとい うことだ。 誠実な自己表現のために、自分の内側 をよく観察してほしい。

 

あることについて、考えることに時間をかけすぎれば、成し遂げることは到底不可能だろう。

 

失敗を恐れるな。失敗することではなく、目標を低く掲げることが罪なのだ。大きな挑戦では、失敗さえも栄光となる

 

鉄則を学び、鉄則を実践し、やがて鉄則を忘れる。形を捨てた時、人は全ての形を手に入れる。スタイルを何も持たない時、人はあらゆるスタイルを持つことになる

 

<柔軟性こそ生である>柔軟であれ。人は生きている時は柔軟である。死ねば人は固くなる。人の肉体であれ、心であれ、魂であれ、柔軟が生であり、硬直は死である

 

悲観的な考え方は、成功を遠ざける。楽観的な考え方は、成功に導く信条である

 

ある人物のことを知りたければ、他の誰かと一緒に行動している時の様子を観察すればよい。

 

日々何かを増やすことよりも、日々何かを減らすことが重要だ。本質的でないものはそぎ落とせ。

 

自己表現をし、自分に誠実であれ。 成功した誰 かを真似するな。 自分であればいい。 だがそれが香港の人は分からない。 いつも誰かの模倣 。 自分のルーツから創り出そうとしない。自分らしさとは何か? 大事なは人生について 考え理解することだ。 だが悲しいかな人間というものは表面的なものに踊らされる。 日和見的 に状況に流されやすい動物だ

 

私は、あなたの期待に添うためにこの世にいるのではない。また、あなたも、私の期待に添うためにこの世にいるのではない。

 

すべての行動にリミットを設けてしまっては、それはいつかお前の仕事や生活に波及してしまうだろう。リミットなどない。ただ高台があるだけだ。そこに居座ってはいけない。それを越えていけ

 

人間はいつも成長している人間はパターン化された思考を行動によって、行動を制限されると成長をやめるものだ。

 

いつでも自分らしく、自分を表現し、自分を信頼しろ。成功者の個性をどこからか見つけ出してきて、それをコピーするような真似はするな

 

何かについて考えすぎると、それを成し遂げることは到底不可能である