ペレ

ペレ

私はプレーすることを道や庭で覚えたんだ。それこそがサッカーを覚える方法だよ。

 

ベートーベンやミケランジェロが歴史上に一人しかいないように、ペレもまた一人しかいない。

 

現役時代、自分は臆病者だった。私は自分のキャリアのステップアップのことしか考えて(心配して)いなかった。

 

チームにとってはジーコのほうがマラドーナよりずっと重要な選手だ。ジーコの試合を決定づけるゴールを見れば一目瞭然だ。対してマラドーナはそれほど重要ではない。

 

ペレと同等の選手はいないし、この先も出てこない。母は私を創造した後、(選手を生み出す)工場を閉めたんだから。

 

引退するときのフィーリングは最悪だ。いまだにドリブルしたり、ゴールを決めたりする夢を見る。

 

私には何も恐れるものなどない。なんなら大統領にさえなってもいい。

 

自分が世界一だなんて決して言わないこと。それは他の人に言わせればいい。

 

ペレが越えられることは決してない。なぜなら完璧以上のものが存在するなんて不可能だからだ。ペレは全てを備えていた、フィジカル、技術、ボールコントロール、スピード、パワー、スピリット、インテリジェンス、本能、聡明さ等をね、、、