マラドーナ

マラドーナ

俺は数多くの過ちを犯した。だがフットボールを汚した事なんて一度たりとも無いんだ。

 

サッカーで最高のプレーは、ワンタッチで自分の思うところにボールを置くことだ

 

イングランド人から財布を盗んだ気分だ

 

アイツは人気でもオレに負けてるし,仕事もないから直ぐオレに噛み付いてくる。早く博物館に戻れよ。大体,セレソンの監督にもなれねえヤツが何だってんだ

 

ナポリの貧しい子供達のアイドルになりたい。彼らはブエノスアイレスに住んでいた頃の自分のようだから。

 

いつか代表に復帰するよ。それが僕の運命で、その日を待っている。

 

ペレの母ちゃんに訊いたらペレの方が上だというだろうし、俺の母ちゃんは俺だと答えるよ

 

もうすぐ生まれる僕の子供が戦争もなく、飢えもない良い世界にたどり着くように願うだけさ。これがみんなへの願いさ。1989年おめでとう。アルゼンチン。

 

俺はサッカー界最後の反逆者だ。サッカー界を変えることができる最後の闘士だ。

 

私のファンでなければ国民をやめるべきだ。

 

俺がやったドーピングは努力だけだ。

 

メディアは選手たちに詫びるべきだ。選手たちは100%プロフェッショナルだ。われわれは、自分たちがなすべきことをやっている。『アルゼンチンのユニホームを守る』ということをね。

 

もし天国にもサッカーがあって,そこでプレーできるなら嬉しいな.ただ,ペレにはいて欲しくないね

 

あの五人抜きは相手のイングランドの選手がフェアだったからこそやれた。

 

人生に永遠に残る、決定的な、一番大きな失望だった。

 

ドイツ人は走ることしか知らないからな.走るだけならアイツらがチャンピオンだ

 

本当のプレッシャーはゴール前やピッチにはない。いつ貧困に陥るのかという不安、そしてアルゼンチン代表としてのプレッシャー、それだけだ。

 

私はサッカーボールのように太っている

 

オレが手で決めたように見えたのなら、それは神の手だったのかもしれない。

 

これからは、僕のような上手い選手より、フリットのように大きくて走れる選手が活躍するだろう

 

僕は両足を切られた。

 

人生はサッカーであり、サッカーこそが人生

 

とにかくボールを預けてくれるだけでいい、あとは俺がなんとかするから。

 

私は明日、去るかもしれない。だが、この選手たちにはアルゼンチンサッカーとは何かを示し続けてもらいたい。

 

この予言タコ野郎、おれはお前が死んでうれしいよ。W杯で負けたのはお前のせいだ!

 

母国の監督をやりたい。給料なんかいらないし、今すぐでも構わない