モハメド・アリ

モハメド・アリ

あなたは世界一のゴミ収集人になれる。世界一のモデルにだってなれる。たとえ何をやろうと、それが世界一なら何も問題はない

 

人間が困難に立ち向かう時に恐怖を抱くのは、信頼が欠如しているからだ。私は自分を信じる

 

私が心から恐れるのは神の法だけだ。人が作った法はどうでもいいと言うつもりはないが、私は神の法に従う。何の罪も恨みもないべトコンに、銃を向ける理由は私にはない。

 

私ほど偉大になると、謙虚になることは難しい

 

蝶のように舞い、蜂のように刺す。奴には私の姿は見えない。見えない相手を打てるわけが無いだろう

 

想像力のない奴に、翼は持てない

 

他者に貢献することは、この地球でのあなたの居場所に払う家賃である。

 

「不可能」とは、自らの力で世界を切り拓くことを放棄した臆病者の言葉だ。「不可能」とは、現状に甘んじるための言い訳にすぎない。「不可能」とは、事実ですらなく単なる先入観だ。 「不可能」とは、誰かに決めつけられることではない。「不可能」とは、可能性だ。「不可能」とは、通過点だ。「不可能」なんて、ありえない

 

肯定の繰り返しが信念につながる。その信念が深い確信になると、物事が実現し始める

 

チャンピオンはジムで作られるものじゃない。彼らの奥深くにある『何か』で作られるんだ。例えば願望、夢、ビジョン。 そのためにはどんな土壇場でも耐えるスタミナと、少しばかりのすばしっこさ、そして技術と意志が必要だろう。 だが意志の力はどんな技術よりもさらに強くなくてはならない

 

あなたが、私に対して、 なって欲しいという者に、私はなる義務がない。

 

50歳になった時、20歳の時と同じように世界を見ている人間は、人生の30年を無駄にしたということだ。

 

俺はトレーニングが大嫌いだった。でも、自分にこう言い聞かせたんだ。「絶対にあきらめるな。今は耐えろ。そして残りの人生をチャンピオンとして生きろ」

 

私ほど偉大になると、謙虚になることは難しい。

 

友情は、この世もっとも説明しづらいものだ。それは学校で教えてくれるものじゃない。でもその意味を知らなければ、実際何ひとつ知らないのと同じだ

 

良い返答を思いつかないとき、沈黙は金だ。

 

人間として大きくなればなるほど、それをあえて他人に証明する必要は無くなるのです。

 

リスクを取る勇気が無い者は、人生において何も達成することが出来ない

 

もし俺を倒すなんて夢を見ているのなら、さっさと目を覚まして俺に謝った方がいい。

 

人生はボクシングと似ている。問題は倒れることではなく、倒れたときに立ち上がろうとしないことだ。

 

いかなる理由があろうとも、殺人に加担することはできない。アラーの教えに背くわけにはいかない。

 

私の一番つらかった戦いは、最初の妻とのものだ

 

人間が困難に立ち向かう時、恐怖を抱くのは信頼が欠如しているからだ。私は私を信じる

 

これからのこの国がどうなるのかは、君たち白人(エリート)の双肩にかかっている。よく考えて欲しい。答えは君たち自身の中にある。

 

私は神話を作り、神話の中で生きる。