モーツァルト

モーツァルト

多くのことをなす近道は、一度にひとつのことだけすることだ。

 

音楽は自らの人生であり、人生は音楽である。このことを理解できない人は、神に値しない。

 

旅をしない音楽家は不幸だ。

 

良く喋り、能弁であることは、偉大な技術であるが、喋るのを止める適切な時を知ることも、同様に偉大な技術である。

 

夢を見るから、人生は輝く。

 

もう最期の時が告げているのを感じます。・・・自分の運命は変えられません。何ごとも摂理の欲するとおりになりましょう。

 

他人の賞賛や非難など一切気にしない。自分自身の感性に従うのみだ。

 

金持ちは友情というものをまったく知りません。とくに生まれたときからの金持ちは。

 

音楽においてもっとも不可欠でもっとも難しく、主要な事柄はテンポだ。

 

新しい喜びは、新しい苦痛をもたらす。

 

僕は貴族ではないが、貴族にもまさる高貴な心をもっている。人間を高めるのは、身分ではなく、心だ。

 

私達の財産、それは私達の頭の中にあります。

 

高尚な知性や想像力、あるいはその両方があっても天才の形成に至りはしない。愛、愛、愛。それこそが、天才の神髄である。