ユダヤ

 小さな穴は、大きな船を沈めてしまう。

 

他人を幸福にするのは、香水をふりかけるようなものだ。ふりかけるとき、自分にも数滴はかかる。

 

嫉妬は1000の目を持っている。しかし、何一つ正しく見えていない。

 

100回復習するのと、101回復習するのとでは、その間に大きな違いがある。

 

汝の友人の一部は汝を非難し、他は称讃す。汝を非難する人々に近づき、称讃する人々より遠ざかれ。

 

ヤギには前から近づくな。馬には後から近づくな。愚か者にはどの角度からも近づくな。

 

自分のことだけ考えている人間は、自分である資格すらない。

 

善と悪を区別できるだけでは、まだ賢者とは言えない。二つの悪の中から小さい方の悪を選ぶことができる者が賢者である。

 

金のために結婚する者には不良の子が育つ

 

もし、本と服を汚したら、まず本から拭きなさい。

 

人には口が一つなのに、耳は二つあるのは何故か。それは自分が話す倍だけ他人の話を聞かなければならないからだ。

 

自分が相手と同じ立場に立ったことがないのなら、その相手を批判する資格はあなたにはない。

 

井戸に唾を吐く者は、いつかその水を飲まなければならない。

 

金をなくしても、何も失わない。誇りをなくせば、多くを失う。勇気をなくせば、すべてを失う。

 

一日勉強しなければ、それを取り戻すのに二日かかる。

 

毎日新しいことが起こる。これは神の贈り物である。人間も毎日生まれ変わる。だから、あきらめてはならない。

 

子供は、両親が家で話すことを街でしゃべる。

 

明日のことは心配するな。今日どんな災難が降りかかるかわからないのだから。

 

金持ちとは、自分の富から収益をあげ、その富を楽しむ者である。

 

捕まえた鳥を逃がしても、また捕まえられるかもしれない。だが、一度発した言葉を取り返すことはできない。

 

幸福に恵まれるために知恵はいらない。しかし、この幸福を活かすためには知恵がいる。

 

真に貧しい者としてとどまっているのは、知性のない者だけ。

 

学んだことを復習するのは、覚えるためではない。何回も復習するうちに、新しい発見があるからだ。

 

出会った人全てからなにかを学べる人こそ、世の中でもっとも賢い。

 

神は超えられない試練を人には与えない。

 

みずからを高きにおく者は、神によりて低きに堕とされ、みずからを低きにおく者は、神によりて高きに上げられる。