吉田茂

吉田茂

大志を抱けば、天下何ものか恐るるに足らず。

 

もし日本の統計が正確だったらむちゃな戦争などいたしません。また統計どおりだったら日本の勝ち戦だったはずです。

 

地下資源に恵まれない日本が繁栄するには、まず自分の国を愛する愛国心を失ってはいけない。それには世界諸国の理解を深め、仲良くお付き合いする国際心が無ければならない。

 

君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。しかし、自衛隊が国民から歓迎され、ちやほやされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。どうか、耐えてもらいたい。

 

歴史書を読むと、人の行動がよく読める。なにが変わって、なにが変わっていないかよくわかるから。

 

今に立ち直る。必ず日本は立ち直る。

 

閣下、私は総理大臣なら務まるかもしれませんが、秘書官など、とても務まりません。

 

負けっぷりは立派にしようというのが、私の総司令部に対する一貫した考え方だったのである。

 

戦争に負けて、外交に勝った歴史はある。

 

天災の多い国においては、国民食糧は相当の余剰を持って置くことが、日本の食生活の上、国民生活の上において安全である。

 

三千年、いや四千年生きたい、しかし人は死ぬ。しかし国は生き続ける。

 

明治維新当時の先輩政治家たちは、国歩艱難裡に国政に当り、よく興国の大業を成し遂げたのであるが、その苦心経営の跡は、今日よりこれを顧みるに歴々たるものがある。

 

忍耐がどんな難問にも、解決策になる。