土方歳三

土方歳三

喧嘩ってのは、おっぱじめるとき、すでに我が命ァない、と思うことだ。死んだと思いこむことだ。そうすれば勝つ

 

一日過ぎると、その一日を忘れるようにしている。過去はもう私にとって何の意味もない。

 

男の一生は、美しさをつくるためのものだ。俺はそう信じている。

 

世に生き飽きた者だけ、ついて来い。

 

我が兵は限り有るも、官軍は限りなし。一旦の勝ち有りと雖(いえど)も、その終には必ず敗れんこと、鄙夫(ひふ)すらこれを知れり。然るに吾れ任ぜられて、若し敗れるようなことあれば則ち 武夫の恥なり。身を以てこれに殉ずるのみ

 

昨日の夕陽が、きょうも見られるというぐあいに、人の世はできないものらしい。

 

未来だけは、いやにはっきりとした姿で、私の眼の前にある。

 

あんたは総師だ。生身の人間だと思っては困る。奢らず、乱れず、天下の武士の鑑であってもらいたい。

 

我、将来武人となりて、名を天下に挙げん。

 

よいか、人を斬る剣は所詮は度胸である。剣技はつまるところ、面の斬撃と、突き以外にない。習い覚えた区々たる剣技の末梢を忘れることだ。

 

たとえ身は蝦夷の島辺に朽ちるとも 魂は東(あずま)の 君をまもらむ

 

我この柵にありて、退く者を斬る!

 

知れば迷ひ、知らねば迷はぬ、恋の道

 

勝てるか勝てないか、やってみなければわからないよ。おらァもう、勝敗は考えない。ただ命のある限り戦う。どうやらおれのおもしろい生涯が、やっと幕をあけたようだ。

 

目的は単純であるべきである。思想は単純であるべきである。

 

梅の花、壱輪咲いても梅は梅。

 

 

皆、自分の道をゆこう。