大佛次郎

大佛次郎

未熟な若さというものは仮借(かしゃく)ないもの。

 

丸善に払う為に私は原稿を書き始めたのである

 

若い人には若い日の花があるのと同時に、老いたる人には老人の日の花があるのだ。

 

自分の生き方さえ求めたら、現実の暮らしよう、生き方は必ずある。

 

いざという場合になると人間は卑怯か卑怯でないかの二色に分けられる。

 

死は救いとは言いながら、そうは悟りきれぬものである。

 

いそがしい世の中だが、過去の時間や、真実、美しいものに没入して味わうためには歩いていくのが大切である。