徳川家康

徳川家康

最初に軽い者を遣わして埒があかないからといって、また重い者を遣わせば、初めに行った者は面目を失い、討ち死にをするほかはない。

 

天下は天下の人の天下にして、我一人の天下と思うべからず。

 

愚かなことを言う者があっても、最後まで聴いてやらねばならない。でなければ、聴くに値することを言う者までもが、発言をしなくなる。

 

平氏を亡ぼす者は平氏なり。鎌倉を亡ぼす者は鎌倉なり。

 

大将というものはな、家臣から敬われているようで、たえず落ち度を探されており、恐れられているようで侮られ、親しまれているようで疎んじられ、好かれているようで憎まれているものよ。

 

勝つ事ばかりを知って、負くる事を知らざれば、害その身に至る。

 

人は負けることを知りて、人より勝れり。

 

得意絶頂のときこそ隙ができることを知れ。

 

決断は、実のところそんなに難しいことではない。難しいのはその前の熟慮である。

 

いい家来をもとうと思ったら、自分の食を減らしても家来にはひもじい思いをさせてはいけない。家来というのは録でつないではいけないし、油断させてもいけないし、近づけても遠ざけてもいけない。家来はほれさせなければならない。

 

われ志を得ざるとき忍耐この二字を守れり。われ志を得んとするとき大胆不敵この四字を守れり。われ志を得てのち油断大敵この四字を守れり。

 

身分が低くお金もあまりない武士が具足(甲冑一式)をあつらえるときは、胴や籠手のほかは粗末なものでいい。だが、兜には念を入れ、良い物を付ける心得が必要だ。なぜなら討死にを遂げたとき、兜は首と一緒に敵の手に渡るからだ。

 

家臣を扱うには禄で縛りつけてはならず、機嫌を取ってもならず、遠ざけてはならず、恐れさせてはならず、油断させてはならないものよ。

 

家臣を率いる要点は惚れられることよ。これを別の言葉で心服とも言うが、大将は家臣から心服されねばならないのだ。

 

人生に大切なことは、五文字で言えば「上を見るな」。七文字で言えば「身のほどを知れ」。

 

大事を成し遂げようとする者は、本筋以外のことはすべて荒立てず、なるべく穏便にすますようにせよ。

 

多くを与えねば働かぬ家臣は役に立たぬ。また、人間は豊かになりすぎると、結束が弱まり、我説を押し通す者が増えてくる。

 

人間は、健康でありすぎたり、得意すぎたりする時にも警戒を要するのだが、疲れたおりの消極性もまた厳に戒めなければならない。

 

我がために悪しきことは、ひとのためにも悪しきぞ。

 

私はケチだから麦飯を食べているわけではない。いま天下は乱れに乱れ、領民も安らかな日は一日もない。そんななか私一人が暖衣飽食などできるものか。私が麦飯を食っているのも、少しでも節約して軍資金に回すためなのだ。

 

人の一生は重きを負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。

 

いさめてくれる部下は、一番槍をする勇士より値打ちがある。

 

不自由を、常と思えば、不足なし。心に望み起こらば、困窮したるときを思い出すべし。

 

己を責めて、人を責むるな。

 

真らしき嘘はつくとも、嘘らしき真を語るべからず。

 

人質は長くとっておくと、親子であっても親しみが薄れて効果がなくなる。恩愛に溺れて人質を捨てかねるものである。

 

心に望み起こらば、困窮したるときを思い出すべし。

 

最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える。

 

およそ人の上に立って下の諫(いさ)めを聞かざる者の、国を失い、家を破らざるは、古今とも、これなし。

 

堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え。

 

あぶない所へ来ると、馬から降りて歩く。これが秘伝である。

 

いくら考えても、どうにもならぬときは、四つ辻へ立って、杖の倒れたほうへ歩む。

 

世におそろしいのは、勇者ではなく、臆病者だ。

 

明日はきっと一戦あるなというようなときは、首をよく洗っておけ。武士たるもの、生きているときは鬼神のように戦い、死しては誉を永遠に残せるよう心掛けよ。

 

戦いでは強い者が勝つ。辛抱の強い者が。