松本人志

matsumotohitoshi

百歩譲って、オレの番組が子供に悪影響だったとしよう。でも、それなら親であるあなた方が、『マネしてはいけませんよ』と言えばいい。たかだか一時間の番組の、ほんの数分間の一コーナーの影響力に、あなたたち、親の影響力は劣っているのか?

 

ヤクザから神父になった人より、ずっと神父の人の方がえらいだろ。

 

本当に君にプラダが必要なら、 生まれた時に持っているはずです。

 

「これで完璧だ」と思ったことは一度もない。「もっとできるんじゃないか」とはいつも 思ってるんで、「バッチリ手応えがあった」っていうことはあんまり無いですね。

 

そもそも芸能人というものは、才能がなかったらこの世界に入ってきてはいけない。そして、その才能を思う存分発揮したら、辞めるべきだと僕はずっと思っていて、その考えは今も変わっていない

 

オチとプロポーズだけは死んでも噛むな

 

戦争は仲直りする気のない喧嘩だからタチ悪いねんね

 

節税してない自分が損してるわけじゃなくて、 節税してる人が得してるだけだから。

 

生きた人のなかで、いちばん笑い声を聞いた耳でありたい。

 

徹底的に無視されてる人は何も気にしなくてもいいんですよ。相手は『あいつを無視する』と決め込んでるわけですから。ただ、それすらも思われなくなったら、それは本当に悲しいですよね。

 

みんなもっと浜田を見といてほしい。浜田は、すいませんって誰にぬかしとんねん!って言うからねこれ言われたら何も言われへん

 

笑ってるとき、人間はみんな無防備になる。この仕事をやっていて嬉しいのは、その無防備な顔を見ているときだ。どんな美人だろうが、男前だろうが、職業も、性別も、年齢も、なんにも関係なく、笑ってるときはみんな無防備で、アホみたいな顔してる。その無防備な顔を見られる優越感というか、嬉しさというか

 

僕らがもっと、世界に打って出る必要もあると思うんですよ。ある意味、お笑い界の『日本代表』として、日本の笑いが世界のトップレベルだっていうことを証明してやりたい

 

まわりは何かと言うかもしれんけど、そんなまわりの意見なんか気にせんでいい。やりたいことやったらええから。

 

お前は金を見て笑顔になりたいから仕事しとる。俺は皆の笑顔を見たいから仕事しとる。それが俺とお前の違いや。

 

オリンピックで金メダル獲った奴が一番、足が速いと思うなよ。世の中には、もっと足の速い奴がおんねん。 速すぎて見つかれへんだけや。

 

みんな俺を自信過剰だと言うけども、自分に自信持たな、どうすんねん。

 

シンプルでいるにはどうしたらいいかと考え出したら、それはもうシンプルではなくなるし、むずかしいですね。

 

俺らが特別扱いされるのはおまえらが特別扱いするからや !

 

素人とプロの違いはいろいろあるけれど、いちばんはやっぱり声の大きさだ。素人は喉でしゃべるが、プロは腹でしゃべる。だから、プロはどれだけ大きな声で何時間喋っていても、喉をつぶさない

 

オリジナリティを持ってない人を卑下するっていうのが違うんちゃうかな。 オリジナリティを持たないオリジナリティを持ってんねや、と思えばええやんか。

 

建物の保存を訴える人っていますよねぇ。『思い出の場所なんです、だから・・・』とか。アホか。お前らみたいな勝手な意見がこれから色んなところで通ったら、これから生まれてくる人間にお前らの言う『思い出の場所』が出来んやないか。『思い出の場所』は自分の心の中でずっと在り続ける、それでいいんちゃうの?

 

笑いっていろいろ種類があるけど、僕の笑いは意外性の笑いだから、どんな頭のいい人でも笑わすことができたというのは、その人が予想もつかないことをいえたっていう、なんか優越感みたいなものを覚える。僕にとってその瞬間が、この仕事の醍醐味(だいごみ)だ

 

僕はただ笑いの才能があるから、お笑いをやっているのではない。まず才能があり、好きだから、お笑いを追及しているのだ