細木数子

kazuko hosoki

お母さん達、家に戻りましょう。

 

あなたには余裕が感じられない。それでは子供は逃げていきます。全てのことを上手くやらせようと思うから辛いのです。それは学校側の自己満足でしょう。生徒にだって都合があるのです。子供たちがこの先この時代どうやって生きていくのか、それを生徒と一緒に悩めばいい。

 

家族の為に必死になって、汗水垂らして、お父さんは働いてるんじゃない。そら、足も臭くなるし汗臭くもなる。でも、それのどこがみっともないのよ?

 

あなた将来結婚するつもり?完璧な人はいないのです。ちっぽけな過ちを許すことのできない小さな心しか持っていないあなたのことを、愛してくれる男がいると思いますか?

 

衣食住がキチンとしていれば、占いなんか必要ない。

 

人は死ぬために生きる。死ぬまでにやるべきことがある。いつまでも子供でいるわけにはいかない。大人としてやるべきことがある。

 

男を立てて、男に甘えて、男をおだてて働かして、いい所を全部持ってきなさい。それが、女だということを、教えたい

 

いくらよい種でも冬に蒔いたのでは芽を出してくれません。種を蒔くのは、運気が上昇する春まで待つことが大切なのです。

 

女は男の短所を受けいれられないですよ。女は感情的、ヒステリック、子宮で物を考えるから心が無いのよ。しかし、神は女に愛、情けをくれたの。女にとっては”愛”と書いて”こころ”なのよ。だから「産む、育てる」愛情は女の世界なの。そして男は「稼ぐ、働く」世界なの。

 

母親は自分の理想で男を見ようとする。

 

人は生きているんじゃない!生かされてるんだ!その事を忘れるな。

 

彼にね100人の女を与えよう。そしてあなたに100人の男を与えよう。あなたがいくら逆立ちしたって、1人の男しか幸せに出来ない。彼は100人の女に子供を産ませられる。そのパワーの違いをね、知ってほしいと思う。

 

料理もできない。掃除もできない。家はほこりだらけ。服を繕えない。そんな女に誰が魅力を感じる?赤ちゃんができればあなただけの問題ではすまなくなるんだよ。子供の命にも関わるんだよ。

 

勉強が得意な子どもには深く勉強させればいいし、勉強が得意でない子どもには技術を身につけさせればいい。

 

男女の質の違いを知れ。男女にはそれぞれ違った性質がある。女性は子供を産み育てる仕事がある。それを外すことはできない。

 

お母さんがだらしないのなら、お父さんを見習いなさい。