遠藤保仁

遠藤保仁

サッカーは団体競技だけど、ボールを持った時は1人になる。その時、周囲に惑わされず、ミスを恐れずに自分の判断と技術を信じてプレーできるかどうかだからね。

 

サッカー観は選手によって違います。それに、同じピッチの上に立っていても、選手によって見える景色が違っています。そこからズレが生じて、勝負を左右する致命傷になる。そんなことがよくあります。たとえば僕が「ここならボールが通る」というポイントを見つけて、パスを出すとします。そのとき、ボールを受ける側の選手に見えている景色が僕と違っていると、そこにパスが来ることを予想できず、どんなに良いパスを出したとしても、ボールがつながりません。

 

練習で納得のいくまで蹴るっていう人もいるけど、そういうこともしない。「今日は10本」って決めたら集中して蹴るし、最後の1本がイマイチに終わってもいい。別に入ったとか入らなかったというのはどうでも良くて、感覚さえ残っていればいい。ただ、テーマは決めて蹴っている。今日は落ちるボールを狙おうとか、今日は枠の外に行ってもいいからギリギリを狙おうとかね。

 

俺は、サッカーをやるからには「楽しくやりたい」と思っている。仕事だってなんだって、楽しくやらないと成長できないし、楽しいから「もっとうまくなりたい」と追求できる。

 

サッカーを現役でやれる時間は短いし、その間はすべてサッカーに集中してもいいんじゃないかと思う。オンとオフが必要だっていう人もいるけど、俺は分ける必要なんてないし、趣味に時間を割くのは引退してからで十分でしょう。

 

目標設定も特にしないし、自分にはっぱをかけることもしない。言葉を書いて意識づけすることもしない。目標も対戦する相手もどんどん変わっていく。必要なことは、最低限、自分の頭の中にとどめておけばいい。

 

日本人は、上の人から「これをやりなさい」と指示を出されると、与えられた指示を忠実にこなそうとします。これは日本人の長所でもあるのですが、個性を殺してしまうことにもつながります。サッカーでは、それぞれが「個」を活かしたプレーができないと、局面を打開することができません。だから、あまりに細かい指示を出すのは、日本人選手に対してはマイナスではないかと考えます。

 

基本ができないと、何も先に繋がらないし、成長しない。これは、サッカーだけではなく他のスポーツはもちろん、仕事もそうだし、何事にも通じる真理でしょ。

 

俺にとって、「パスは命」だ。自分のプレースタイルからしてもパスが俺の真骨頂だからね。だから、1本のパスを大切にして、「パスの一本一本すべてにメッセージを込めて出したい」と思っている。

 

海外の選手は、試合中や練習中は激しく言い合ったとしても、ピッチを離れれば、すぐに仲の良い友達になるんです。仕事とプライベートをはっきり分けているんです。仕事で意見が対立するのは、相手のことが嫌いだからではありません。お互いに「試合に勝つ」とか「チームを強くする」といった目標を共有していて、その目標を実現するために必要だから言い合うんです。そして、仕事上での意見は違っていても、人間的には良いヤツであることがわかっているから、仕事が終われば仲良くつき合うことができる。そういう「怒り合える」人間関係が理想だと思っています。

 

あれこれ考えるよりも俺は、目の前の試合をしっかりプレーしていくことが一番大事だと思っている。目前のことをしっかりできない選手が、先のことなどできるわけがない。試合で感じたものは、試合の中で実践し、その場で自分の血肉にしていく。その作業が一番効率がいいし、身になるんじゃないだろうか。

 

基本は、上のレベルに行くほど忘れられがちだ。でも、上のレベルに行けば行くほど大事になる。相手のプレッシャーが速くなればなるほど、「止めて、蹴る」は、より一層難しくなるからね。

 

ボールを持った選手が常に先手を取れるわけでしょ。なのに、ボールを持っている選手がオドオドしていたら簡単にボールを失ってしまう。「取れるなら取ってみろよ」ぐらいの気持ちでプレーしないと国際試合では勝てない。

 

「夢はグラウンドに落ちている」と、俺は思っている。チャンスをもらった時、いかに普段通りに、自然体でプレーできるか。そのためには若い時からいろんなことにトライして、試合や大会を通して経験を積み、自分のモノにしていく努力をすべきだ。そうすれば徐々に自信もついてくる。何もやらないで、自信だけが突然、身に付くことはないからね。

 

年齢とか、経験とか、実績とかは関係ありません。若い選手だって、ベテランの選手に要求します。「自分は実績がないから」と黙っていると、お互いの考え方のズレを埋められないままゲームが進んでいくことになりますから。

 

よく、「可愛い子には旅をさせよ」と言うけど、異国の文化に触れ、刺激を受けることは、確実に人間的な成長を促してくれる。井の中の蛙では、絶対に成功しないし、成長もできない。

 

「気持ちの強さ」は、世界に通じる選手になるためには、すごく重要な資質のひとつだと俺は思う。そして、「気持ちの強さ」が生む最後の踏ん張りが勝利には非常に重要になってくる。

 

PKは、「メンタルがすべて」だと思う。入れて当然という中、いろんなプレッシャーにさらされながら決めなければならないからだ。普通は、ゴールマウスの端に蹴れば決められる。その時、自分の狙ったところに思い切って、自信を持って蹴れるか。迷ったら雑対に止められるから、失敗しても「しゃーない」ぐらいのラクな気持ちで蹴れるか。それには、技術よりも「メンタルの強さ」が必要になってくる。

 

ミスは気にする必要はない。誰だってミスはする。重要なのは、そのミスをどう次に活かすか。同じミスを何度も繰り返すのは、どんな世界でも許されない。

 

僕は、日本代表チームの中で代表歴が一番長い選手になったし、ガンバ大阪の中でもベテランの一人になりました。自分のことだけではなく、チーム全体のことを見ながら動くという意識は、若い頃よりも高まったと思います。

 

パスは失敗して「当たり前」と思っていないとダメだし、トライすればするほど失敗の確率は減っていく。仕事でも最初からなんでも成功することなんてありえないし、失敗から人は学んでいくものだ。そうして微調整して、パスの質を高めていけばいい。最初から1本の線を引くようなスーパーパスなど誰も出せやしない。