アーノルド・シュワルツェネッガー

夢を現実に変えたいのなら、全力で取り組まねばならない

生きる意味とは、単に存在する、あるいは生き残るためではない。それは前に進み、成長し、打破すること

近道などこの世には存在しない

失敗なしに成功はないからこそ、失敗から学ぶ事が大切なんだ

私は失敗した時、「立ち上がってまた挑戦する」か「別の目標を設定して挑む」かを選びます

諦めないと決めた時、そこに強さが生まれる

成功した人は皆、失敗を経験している

(筋トレについて)その一回を何度も積み重ねた先に描いたビジョンが現実になるのを知っていた

トレーニングへの「熱い情熱」を決して失わないことが成功への最大の条件

おしゃべりなら後にしてくれ。パンプが冷めちまう

トレーニングとは、負荷によって作り出される抑圧されたエネルギーを外に出す行為だ。運動をすると体調が良くなるだろ。それと同じようにトレーニングは心の調和を整えてくれる

困難を乗り越えた時が最高。だから、困難を乗り越える

欠点を見つけても自信を喪失させたり、自尊心を傷つけるまで自分を責めてはいけない

大きな期待と共に一歩一歩の前進を楽しみにするべきだ

日々行動あるのみ

勝者は倒れても必ず立ち上がる

私は負け知らずと思われがちですがいくつもの大会で負けたり、パワーリフティングで225kgのバーベルを持ち上げるのに失敗し、2000人の前で恥ずかしい思いをしたこともあります

人間はたまたま成功することはない

「恩返し」の精神は成功する為には絶対必要です

目標から目を離さず進むには様々な煩悩を避ける必要がある

楽しくないものを無理に続けても偉大なボディビルダーになれることはない

ハングリー精神を忘れてしまったら、その人は生きているのではなく、単に存在しているに過ぎない

心が限界を作るのだ。達成出来ると心に思い描く事が出来る限り、達成できる。100パーセント、本気で信じる限り

強さは勝利から得るものではない。あなたがもがき苦しんだ分だけ強くなる。苦しい時を過ごしながらも投げ出さないことを決心する、それが強さだ

筋肉がNoと叫んだら、私はYesと答える

重要なのはメンタルパワーであり、それがその状況での結果を決める

筋肉が「もうこれ以上は無理だ」といったとしても、筋肉に命令し、チャレンジさせることはできる

心が何かをやれると思い描き、自分がそれを100%信じることができれば、それは必ず実現する

もしあなたが他のみんなのようになろうとしているのなら、この地上にいることに何の意味があるのか?

夢を信じ続け疑ってはならない

(幼少の頃の)貧しい環境から成功を求める強いハングリー精神が養われました