ジョン・ロックフェラー

事業に成功するための第一条件は忍耐と最後には必ず報いられるという信念だ

私のお金を稼ぐ才能は、神様から頂いた賜物であると信じています。このような素晴らしい神様の賜物を受けているのですから、お金を稼いでそれをまた増やして得たお金を、主のみこころに従って用いることが私の使命であると考えているのです

金持ちになりたい一心から出発しても成功しない。志はもっと大きく持つべきだ。ビジネスで成功する秘訣はごく平凡である。……日々の仕事をとどこおりなく成し遂げ、私がいつも口を酸っぱくして言っている、「商売の法則」をよく守り、頭をいつもハッキリさせておけば、成功は間違いなしである

事業の成功には奇跡はない。永遠の成功は自分を信ずることだ

お金を儲けたい人達を組織してそこへ良い商品、良い情報を流せ

私は初めて仕事に就いたときから、自分の時間と頭をすべて仕事漬けにするようなことはしていない

非効率な学校、場所が悪い学校、不要な学校を助けるのは無駄である…全国的な高等教育システム増強のための浅はかな教育プロジェクトで金を浪費するくらいなら、もっと適切な我々のニーズにあった金の使い道があったはずだ

金を稼げるだけ稼ぎ、維持できるだけ維持し、与えられるだけ与えるのは男の義務である

世の中の人は私がとてつもない働き者で、昼夜の区別も、夏冬の区別もなくいつも仕事をしていると思い込んでしまっている 本当のところは、30代半ばをすぎてからは怠け者だった

自分は何よりもまず、人の扱いがうまい者を厚く遇したい

成功の秘訣は当たり前のことを、特別上手にすることだ

十セントを大切にできない人間は、絶対に成功できない

世界で最も貧しい人は金以外の何も持っていない人である

全ての権利は責任を、全ての機会は拘束を、全ての所有は義務を暗示する

金を手にして得意がるのは愚か者だけだ

幸福への道は二つの簡単な原則に集約される。一つ目は興味があり、自分が得意とするものを見つけること。二つ目は、一つ目で見つけたものに、情熱と才能とエネルギー、持てるもの全てを注ぎ込んで全力でそれにあたることである

金自体を目的に生きている人間ほど、哀れで卑しい存在はない

いかなる種類の成功にとっても粘り強さほど大切なものはない。粘り強ささえあれば、ほぼなんでも乗り越えることができる

「偉大なもの」のために「良いもの」を諦めることを恐れてはいけない

私は災難が起こるたびに、これを良いチャンスに変えようと努力し続けてきた

組織を活かすのは人間だ。機械でもなければ工場でもない

事業は自分のためより人のためにすることで出発せよ

十セントを大切にしない心が、君をボーイのままにしているんだよ

快楽におぼれる人生ほどつまらない生活は思い当たらない

もし、あなたが成功したいのなら、踏みならされ受け入れられた成功の道を行くのではなく、新たな道を切り開きなさい

何百万もの富を築いたが、私はそれで幸せを得ることはなかった