原辰徳

ジャイアンツ愛

自分の身体に『ナシ!ナシ!』という言葉を吹きかけるんだ。するとアラアラ不思議。すっと迷いがなくなるんだよ。そういうもんだ

皆さんに感謝。私の力は数%ですから

組織の和というのは、競争原理が働く実力主義でないと保てないんです。レギュラーを獲得するのに遠慮なんかしていられません

こういう緊張感のあるゲームが近づいてきますとね、やっぱり選手1人1人からね、ヘモグロビンがバンバン出てくるのがよく分かります

目標の定まった人というのは、波風があったとしてもブレない

小さい頃、野球選手になりたい、ジャイアンツに入りたい。その夢を持って頑張りました

俺はいいことは引きずらないんだ。でも、悪い結果が出たときには引きずらなくちゃいけない

コーチの時は『考え方が良く見えない』なんて言われましたが、それは立場の違い。僕は監督と違ったことはひと言も言わなかったし、言うつもりもなかった

ジャイアンツ・タイムといって何ごとも時間厳守。公式の場や移動時にはスーツ着用し、ヒゲを生やさないというドレスコード。そういった先輩たちが培い守ってきたものを実践し、次の世代へ教えていくということです

正々堂々と世界の強者と戦って勝ち抜くことができた。覚悟と潔さを持って「日本力(にほんぢから)」を見せ付けた

必要なら主軸バッターでもバントをさせます。勝つためなら、有無をいわせない

優勝の下馬評は高いほどやる気が出ますね。それがプレッシャーじゃなくて、フォローウインドになるのが巨人軍という組織

背伸びをしたって、たかが知れている。背伸びをしたまま生活したら、つまずくだけ

勝負に近道なし、勝負に失望なし、勝負に待ったなし