大久保利通

自分ほど西郷隆盛を知っている者はいない

目的を達成する為には人間対人間のうじうじした関係に沈みこんでいたら物事は進まない。そういうものを振り切って、前に進む。

国家創業の折には、難事は常に起こるものである。そこに自分ひとりでも国家を維持するほどの器がなければ、つらさや苦しみを耐え忍んで、志を成すことなど、できはしない。

この難を逃げ候こと本懐にあらず

彼は彼、我は我でいこうよ

今日のままにして瓦解せんよりは、むしろ大英断に出て、瓦解いたしたらんにしかず

おはんの死と共に、新しか日本がうまれる。強か日本が…
※西郷隆盛死亡の報を受け、号泣しながら発した言葉