カテゴリー: 日本人

喧嘩ってのは、おっぱじめるとき、すでに我が命ァない、と思うことだ。死んだと思いこむことだ。そうすれば勝つ   一日過ぎると、その一日を忘れるようにしている。過去はもう私にとって何の意味もない…

僕たちが子供のころは、無形のものから有形のものをどんどん生んでいった。物がないんだから、工夫するしかないわけ。 ところが、いまの世の中は、お金さえ出せば何でも手に入る。だからいまのガキは、工夫をしない…

W杯の決勝という最高の舞台でアメリカと対戦できるということは、サッカーの神様がチャンスをくれたのだと思う   ワールドカップに行く前に、「このメンバーなら絶対メダルを取れる」って言ってたんで…

これまで知らなかったレベルでのテニス、戦う気持ちを知ることができました。どんなに激しい練習をしても、あの張りつめた気持ちや負けたくないという闘志を全身で感じることはできません。つまり、本番のゲームでし…

大阪維新の会には国の仕組みを変えるだけの力はない。国のかたちが変わるのは、国自身によるものではない。必ず外圧で変わるのである。外圧とは外国だけでではない。地方の政治力も外圧の一つである。ヨーロッパの市…

人生を一つの作品と考えるならば、子供時代は材料集めの時期、青春時代を試作品の時期、壮年時代を作品完成期、老年期を仕上げの時期と言い得ることができるのではないだろうか。   前頭葉の退化した6…

僕は昔からいつでも「自分はこの先どうなるかわからない」と思いながら生きてきました。猿岩石でアイドル並みの人気だった時にも、「こんな人気続くわけがない。自分たちの実力であるわけがない」って結構冷静に考え…

自分で会社を起こさない限り、搾取の対象になるのは一生まぬがれない   人間には出来ないなんてことは何一つない。可能性があるのだから、方法さえ考え出せばいい話だ   今、自分のいるポ…